空いた土地の有効活用|不動産投資には知識が必要となる|シノケンハーモニーへ依頼する

不動産投資には知識が必要となる|シノケンハーモニーへ依頼する

つみき

空いた土地の有効活用

住宅模型

もしも空いている土地を所有している場合は、その土地をそのまま放置しておくことよりも駐車場を施工する方が駐車場料金などの副収益を得られる事ができます。また近年は都市部の違法駐車等の取り締まりの強化という背景事情もあって、駐車場はドライバーにとって人気となっています。駐車場の施工の期間については、その施工しようとする駐車場のタイプによって異なる事が一般的です。例えば青空駐車場の場合は、料金所の設置やポールなどの設置など比較的簡易な工事で駐車場を完成させる事ができる傾向があります。他方で立体駐車場などについては、大きな工事となるために完成までの期間が長期になるケースも多々あります。もっとも立体駐車場は雨風から自動車を守るなどの点で人気があります。

空いている所有土地の有効活用の方法として、駐車場を施工する方法があります。この場合、簡易な施工によって駐車のスペースを完成させた場合は、雨風などから自動車を守れない等のデメリットがあるために注意が必要となります。そのため比較的、雨風が少ない地域で簡易な駐車スペースを施工すると良いでしょう。他方で立体型の建物を施工した場合については、雨風や台風や雪の日にも強いというメリットがあります。特に冬場に雪が多い北国にとって立体型タイプの建物は自動車を雪から守ることができるために人気があります。また台風が多い沖縄なども人気があります。他方で立体型は地震などの横揺れや縦揺れに弱いケースがあるために注意が必要となります。