アパート経営の減収|不動産投資には知識が必要となる|シノケンハーモニーへ依頼する

不動産投資には知識が必要となる|シノケンハーモニーへ依頼する

つみき

アパート経営の減収

ウーマン

減収の要因とは

アパートの所有者は大家としてアパートを経営することで、店子から賃料を得ます。所有する部屋数が多く、すべての部屋に店子が入居していれば得られる利益は最大になります。しかし、店子の入居と退去には流動性があり、常に満室となるのは現実的ではありません。そのため、大家は最大の利益を想定するのではなく、むしろ空室による減収をも考慮する必要があります。アパート経営における減収の一番の要因は、所有する部屋の空室化です。店子がいなければ賃料も得られず、管理費と維持費だけがかかります。効果的な空室対策を行うことで部屋を最大限活用し、利益を増加させることができます。そのためには、大家による空室対策が必要になります。

減収への対策

不動産への投資は投資である以上どんなに努力しても必ず利益を上げられるとは限りません。しかし、できうる限りの対策を講じることで損失を抑えて、利益を上げることができます。大家のできる空室対策は店子を長く引き止める方法と退去後にすぐ新しい店子を見つける方法があります。店子を引き止める方法は立地や設備など店子にとって他にはない魅力を創出することです。例えば、ペットの飼育が可能であることも空室対策には有効です。アパートに留まるメリットが退去するメリットを上回れば、長期的に賃料を支払ってくれる有料店子となってくれます。また、退去後にすぐ店子を見つける方法は店子募集を積極的に行うことです。店子の入居を促すことで空室期間を短くすることができます。